滋賀県栗東市安養寺3丁目12-22  


by chisuzu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ROOM〜第3章〜

ご予約満員とさせていただきました。
ご予約頂きました皆様ありがとうございます。


当日、11:30~13:30の間、ランチタイムとさせて頂いております。
軽食とドリンクはその場でのキャッシュオンにさせて頂いておりますので
どうぞご利用くださいませ。

彰子さんの香りの作品、“香り&フォトブックtatazumai vol.2”も
店頭にて、5セット限定販売をします。
香りのお試しもさせていただけるそうですので
是非お試し下さい。

それでは、当日心よりお待ち致しております。

cafe salon STILLROOM
田島千鈴



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ヴィオラ奏者、久野村優子さんと共にみなさまにお送りする


ROOM ~第3章~


2016/6/19(日)


♬1部:10時~11時(あと0名様)
♬2部:14時~15時(あと0名様)

  

完全入替の予約制です。



★11:00~13:30の間は、ゆっくりフリーランチタイム!
     スペシャルランチ限定20食。@500円

おとな:1000円(inc.ケーキセット)
こども: 500円(ジュース付。おとなセットのお子さんはおとな料金をいただきます。未就園児無料。)




a0233390_21515020.jpg




ヴィオラで日本の歌をひろめたい!という優子さんの夢。

旅行に行かれた時に、飛行機で隣り合わせたマダムに

『yuko、これで、フランス語を勉強して!』

といただいたという“銀河鉄道の夜”のフランス語訳

フランスの方に日本の本をいただくという不思議な体験

両国の文章を照らし合わせて学ぶ

美しい文章は

音楽と似ているように思います。

そこで音楽と文学が出会いました

優子さんとゲストのみなさんが奏でる音と本の物語は続きます。

伝えたい音楽、伝えたい本がそこにはあります。

この”ROOM”でみなさんと共有できたら素敵です!




「全9章」にわけてお送りする

”ROOM”今回は〜第3章〜

毎回ゲストをお迎えして9回にわけてお送りしています

優子さんには“銀河鉄道の夜”を読んでいただき、

ゲストの方には、大人になって知った、幼い頃読んでみたかった絵本

をご持参いただいて読んでもらいます。

その本にあわせて優子さんのヴィオラが響きます。


「第3章」のゲストは、不思議なご縁で

ヴィオラを復活させることになった岡本彰子さん。

みなどこにスイッチがあるかなんてわからない。

知らない場所になんとなく出向いた時にそれは起こったのです。

みんな自分だけのストーリーがあって。

時には知らぬうちに、他の誰かのストーリーの登場人物になっていて。

今回復活することになったヴィオラのお話しは

ぜひぜひ彰子さんのブログで辿ってみて下さい!

記憶の奥に残っているような香りを紐解く。。

そんな素敵な世界広がる彰子さんのヴィオラが

優子さんのヴィオラと出逢いました!

優子さんと優子さんのヴィオラには何かが宿っているに違いないと密かに思っているのです。





彰子さんの香りと植物と音の世界を是非のぞいてみてください!
ブログはこちらから!→click☆


「感じる植物図鑑」というタイトルのブログです。

植物の話しはきっと尽きないでしょう。


出会いに感謝しています。



素敵な音はいつもすぐそこかしこ。




2部が14:00から始まるので少し入れ替えの時間をくださいね。 
午後から行こうかしら?という方も早めに来てたこ公園で遊んでからでも! 
 
 




駐車場は近くにお借りします。
矢崎総業様の駐車場の周りのスペースをお借りし10台程駐車していただけます。
当日のみサインをあしらっておりますので、交差点などに気を付けて頂いてご駐車お願い致します。

できるだけ乗り合いいただいたり、公共の交通をご利用を宜しくおねがいします。最寄りのバス停は、JR草津駅より、帝産バス東部住宅まで。東部住宅より徒歩2分。


〜3章〜 「家」

 ジョバンニが勢いきおいよく帰って来たのは、ある裏町の小さな家でした。その三つならんだ入口の一番左側には空箱に紫むらさきいろのケールやアスパラガスが植えてあって小さな二つの窓には日覆ひおおいが下りたままになっていました。
「おっ母さん。いま帰ったよ。工合悪くなかったの。」ジョバンニは靴をぬぎながら云いました。
a0233390_15271634.jpg

[PR]
by cafe-stillroom | 2016-05-26 22:37 | Event | Comments(0)